技術情報

ハードウェア設計

―エレクトロニクス製品の心臓―

超高速で高機能化がますます進むLSI。エレクトロニクス製品は、まさにこのLSIこそが命です。そのLSIを効率よく活かすために、私たちは、実績ある技術力をベースに、回路・基板・機構設計を行なっています。

■システム開発設計

近年は、ハードウェアとソフトウェアを統合したシステム開発が主流となっています。ヒューマン・インターフェイスには欠かせない各種センサーなどを制御する高性能アナログ回路やモータなどの高性能動力制御や電力制御回路設計とデジタル回路は、マイコン、DSP、FPGA(CPLD)を使用しハードウェア、ソフトウェアの最適な切り分けをして、高速高性能なデジタル回路システムを開発します。
お客様のニーズに合った高速高性能なシステム開発を行なっています。

■基板設計

アナログ・デジタルを問わず30年以上の実績があります。又、産業用、民生用も豊富な経験からお客様に満足いただける設計を行なっています。ご希望により基板レイアウト終了後「ボードシミュレーション」で再確認を行ないます。
この結果以下の提案が出来ます。

  1. バッファICの挿入、変更の提案
  2. ターミネータ挿入、最適値の提案
  3. クロストークやEMIの波形を送付し確認
【基板シミュレーションの特徴】
  • 回路設計とPCBレイアウト設計段階での高速信号解析を実現します。
  • 基板の試作以前にシミュレーションによって反射、遅延、クロストーク、放射ノイズを確認し、 引き回しや部品の選択を変更したり、CR等の定数決定を行って試作回数を削減することが出来ます。
【Board Sim-PCBレイアウト後の信号特性分析】
  • 配線パターンの影響を正確に予測
  • デジタルオシロスコープによるシグナル波形の表示
  • TerminatorWizardが最適なターミネーション数値を自動計算
  • 7000以上のICモデルを擁するICライブラリ

■機構設計

機構設計部は三次元CADを駆使して、製品完成時のイメージや組立時の干渉などをチェックし、開発時間の短縮を図っています。

デザイン設計

―エレクトロニクス製品の顔―

最新のエレクトロニクス製品などに求められるのは、機能面のみならず、付加価値を提案することです。その中には、デザイン面での充実も含まれています。私たちは、機能、デザインの両面を見つめたシステムを設計しています。

ソフトウェア設計

―エレクトロニクス製品の頭脳―

ハードウェアを動作させるうえで欠かせないソフトウェアは、情報の価値が高まるにつれ、重要なポジションを占めるようになります。私たちは、最新の開発環境を駆使し、ソフトウェア設計を行なっています。

試作

―エレクトロニクス製品の母―

各パーツがすぐれていても、製品として機能しなければ、それまでに行なわれた設計は無意味なものになってしまいます。製品としてお届けできるか否かを判断するために、私たちはプロトタイプの製作も行なっています。

量産

お客様とプロトタイプを評価改修した後、より良い製品として量産致します。小ロット量産は社内で、大ロット量産は協力会社にて短納期にて製品に致します。